スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後ダイエットの基本的な考え方

産後ダイエットの基本的な考え方
出産は女性にとって、肉体的にも精神的にも非常に大きなダメージになるんです。特に赤ちゃんの骨格が形成される時には、母体のカルシウムが減少して骨粗蒡状態になります。妊娠するとすっぱいものが食べたくなりますよね。あれは、すっぱい=酸で歯のカルシウムを溶かして赤ちゃんに与えるためなんですよ。ですから、出産後の回復期である産後にダイエットをする場合には、他の場合に比べてダイエットの方法に注意してください。授乳もありますので、むやみにダイエットのことばかり考えずに、サプリメントの摂取も師等の指示を受けて行いましょう。無理なダイエットはしない方が良いけれど、体型は元に戻したいですよね。産後ダイエットの前には医師からダイエットについてのアドバイスをもらうようにしましょう。出産後は基礎代謝が著しく落ちます。
出産後1ヶ月を経過したら積極的にダイエットのための運動をしましょう。ダイエットのための運動しないで食べると確実に太ってしまいます。この時期はダイエットにとって要注意です。腹筋等で筋肉の力をつけながらウォーキングなどで効率よくカロリーを消費してダイエットしましょう。栄養のバランスを考えながら、何でも食べましょう。栄養バランスを考えてのダイエットといえば、玄米や豆類を中心に摂るのが一番です。カロリーの量を押さえることよりもカロリーを消費することを考えて、食事は果物や野菜などもしっかりとるようにして、産後のダイエットを行いましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 産後のダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 産後ダイエット 食事 運動

産後ダイエットの運動と食事

産後ダイエット運動食事
産後ダイエット運動というのは産後2ヶ月以降から始めます。産後1ヶ月間は、運動よりも前に体を出産前の状態に戻すためのリハビリが重要なんです。産褥体操など軽い運動がお薦めです。無理に運動をしてしまうのは危険ですから絶対にやめてください。産褥体操も、寝ながら行う程度がいいでしょう。2ヶ月目からは、散歩や買い物など歩行中心がいいと思われます。病院や実家から、自宅に戻りますと家事を誰かが手伝ってくれたとしても、自然と動くことになりますので、それが産後ダイエットのための運動である、という位の気持ちでいる方が帰ってダイエットには良い結果をもたらします。赤ちゃんを抱きながら動いているだけでも充分な産後ダイエットになります。後は、お腹を振るわせるマッサージベルトをつけたりするのも、産後ダイエットには効果的です。
食事については、基礎代謝を元に戻ずことが一番重要ですから、摂取カロリーをカットしてダイエットしようとするようなことは禁物です。食事はきちんと3食摂ってください。ただし、過食や間食には気をつけてください。また開いた骨盤を締めるために、下腹部にコルセットやサポーターをつけることをお薦めします。

テーマ : 産後のダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 産後ダイエット 運動 食事

産後ダイエット講座 産後太りの原因その1

産後太りの原因その1 骨盤の開き
赤ちゃんを出産後に太ってしまう最大の原因は、妊娠ホルモンの分泌によるためです。そのホルモンは、リラキシンといいます。本来、骨盤の開きは一番広い部分でも10cm程度しかありません。従って、そのままでは赤ちゃんが産道を通ることできません。そこで、妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤や全身の靱帯をゆるめてくれるのです。おかげで出産の時には骨盤が開いてくれるので、赤ちゃんが無事に産道を通ることができます。リラキシンのおかげで骨盤が開きますが、お腹の中で赤ちゃんが育っていくに従って、腹筋や骨盤の周辺の筋肉が伸びてしまいます。出産後もそのままの状態が続きますと、骨盤が開いたままになります。そうすると、開いた部分に腸が入り込んだり、内臓を守るために皮下脂肪が蓄えられるようになります。これが、下腹部が出たりお尻が大きくなってしまう、産後太りの大きな原因なので開いてしまった骨盤を運動によって締めることが重要です。そのための運動は一人ひとりの体質、体重、脂肪の量、筋肉の落ち具合、等によって違いますので、ダイエットのための運動方法も変わってきます。

テーマ : 骨盤矯正 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 産後太り 骨盤の開き リラキシン

産後ダイエット講座 腹筋と背筋

産後ダイエット講座 腹筋と背筋
産後ダイエットでは、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるための「姿勢」が重要です。産後ダイエットでは、特に開いた骨盤の修正が必要になります。開いた骨盤に、腸などの内臓が下がって入り込んだりすると、痩せにくくなり大変です。ですから、産後ダイエットでは、骨盤体操が不可欠になります。そして、同時に気をつけたいのが姿勢です。産後ダイエットのための姿勢は、背筋をピンと伸ばして、肩と腕の力を抜きます。筋肉が足りないと、この姿勢を続けることがきつくなります。この姿勢を続けると、自然と前かがみの体勢になる人は、背中と腰の筋肉が衰えて足りなくなっているのです。そうなると、お腹が圧迫されるために、内臓が骨盤に入りやすくなってしまいます。産後ダイエットでは、腹筋と同時に、背中の筋肉も鍛えることが必要です。これにより、お腹の腹筋と背中の背筋がバランスよく発達するのです。

テーマ : 産後のダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 骨盤

産後ダイエット講座 無理なダイエットをしない

産後ダイエット講座 無理なダイエットをしない
赤ちゃんを出産後は、早く元の体重、元の体型に戻りたいという気持ちになりますよね。
でも、妊娠中に衰えてしまった筋肉を元に戻し筋力を高めることが大切です。お産で開いた骨盤を締めることと筋力の回復がポイントです。無理なダイエットを行うと体調を崩して基礎代謝を低下させ、一層太りやすい体になってしまいます。産後ダイエットの基本は、基礎代謝量を妊娠前に戻すことと、骨盤の開きを締めることです。基礎代謝を元に戻す努力をしないまま、摂取カロリーをカットするようなダイエットはしないでください。そうすれば自然に元の体型に戻ることも可能です。
産後ダイエットの運動については、無理をしないことです。妊娠中に低下した基礎代謝量を上げるための軽い筋力トレーニングと骨盤を矯正する体操がいいですね。産後すぐに無理な運動をしたり、足を踏ん張るような姿勢をとったりすると、骨盤が元に戻らなくなりますよ。注意が必要です。

テーマ : 産後のダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 基礎代謝 骨盤

産後ダイエット講座 基礎代謝とは

基礎代謝とは
基礎代謝という言葉は、ダイエットを行う上で非常に重要なことです。
人間は運動や仕事をすれば、エネルギーを消費して空腹になりますが、どんなに安静にしていても、体の細胞が生きていくために必要な最低限の栄養を摂取しなければ死んでしまいます。体温を保ち、呼吸をし、心臓が鼓動する、という人間が生きていくために必要な最低限の機能を維持するためのエネルギーが基礎代謝です。実は、1日の総消費エネルギーの約70%を基礎代謝が占めています。基礎代謝の量は個人個人で異なりますから、同じカロリーを摂取した場合でも、基礎代謝量の大きい人は太りにくく、基礎代謝量の小さい人は太りやすいのです。妊娠中は、運動量が減り、筋肉が衰えやすくなっていますので、体の基礎代謝量は減っていきます。出産後も運動量が少ないと、基礎代謝量は回復しません。そうなると、摂取したカロリーが消費されずに脂肪となって蓄積されることになります。
基礎代謝量はどのくらいのカロリーなのか?
基礎代謝量は、成人の男性で1日に1200~1600kcal程度です。成人の女性は1000~1400kcal程度とされています。しかし、基礎代謝量は年齢によっても変わってきます。
男性の場合は10代が高く、年齢が高くなると基礎代謝量は減ります。年齢が高くなると筋肉が衰えて減少して行きますので、基礎代謝量が減るのです。これは当然のことですね。
そのため年齢が高くなっても若い頃と同じような食事量では、太ってしまいます。生活習慣病の原因にもなります。さらに年齢が高くなると、普段の生活上でも行動量が減り、筋肉が使用されなくなりますので、筋肉の萎縮が起こります。こうなると悪循環が始まってしまいます。

テーマ : 産後のダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 基礎代謝 産後太り 脂肪

産後ダイエット講座 産後太りの原因その2

産後太りの原因その2 基礎代謝量の低下と腹筋の伸び
基礎代謝量の低下
妊娠をすると行動や運動が制限されることが多くなります。妊娠中の全期間に渡って、走ったり、体をねじったりするような激しい運動はなおさらです。そしてお腹が大きくなるにしたがって、動作がゆっくりになります。そのために体の各部分の筋肉が衰えてしまい筋肉の量が減ってしまいます。筋肉の量が減ると、体の基礎代謝が低下し摂取したカロリーが消費されずに脂肪となって蓄積されます。そうなるとカロリーの消化されにくい、太りやすい体質になってしまいます。
腹筋の伸び
腹筋の伸びも産後太りの原因の一つです。妊娠してお腹が大きくなると、腹筋が伸びたままの状態が続きます。腹筋は、本来は内臓を守る働きをする筋肉ですが、腹筋が伸びたままですと、内臓を守るという機能が発揮できません。そうすると、体は皮下脂肪を蓄えて内蔵を守ろうとします。出産後に腹筋を鍛えないままにしておくと、皮下脂肪がたまりやすい体質になってしまいます。

テーマ : 産後のダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 産後太り 基礎代謝 腹筋 皮下脂肪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。